ソラウサ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

何気ない放課後の風景 

ハムちゃん'sショット
gakkou.jpg
このナチュラルな感じがいいんだよね。
いろんな意味で奇跡の一枚です。
他の沢山の写真はマディさんちで公開されてるから見に行ってみてね
わしゃぁ制作でページ作る元気ない(オイ


さてさて話は微妙に変わりますが
獣化において個性、とはなんだろうかとふと思いました。
色の組み合わせ、表情、シルエット、作った時期…
単純にそのときの技術レベルだけをとっても様々に違うキャラクターなのにもかかわらず
あぁ、この仔はあの人が作っているな、あの人らしいキャラだな、となんとなくわかるのは
作っている人の考えなり嗜好なりが着ぐるみに現れてるからなんだと思います。
そんなに沢山作ってないので比較もままなりませんが
「あぁ、ナナオさんらしいね」といわれるとすんげぇ嬉しい感じでこそばゆかったりしますw

しかし他から見た自分らしさって何だろうね?
ヘッドの小ささか?
身近な素材の特性見つけて組み合わせたり髪ケモ等にみられる独創性か?
自イラストのようなほんわかテイストの目や表情か?
自然に見える口の開閉か?
服飾仕込みの個人的コダワリボディシルエットか?!面ドクセェ!きっと全部だ!
まぁ冗談抜きに色んな要素が組み合わさってなんでしょうな

個性あるものを作りたい!といっても
人とかぶらないようにとか、他と違うようにっていうのばっかでは
いくら考えても「個性」にはならんと思うのです。

これから新しい仔を考えて作るみなさーん
う゛んう゛ん考えて貴方の貴方による貴方らしい仔を作ってねv
スポンサーサイト

△page top

« 川崎ハロウィン2008行ってきました
語録:こんな学校に行きたかった… »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://totis.blog36.fc2.com/tb.php/137-18b42f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。