ソラウサ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ワッショイ☆青ジャケ祭り その6 

最後のゲキジャケ制作が終了したので記念として
ネタバレ全覚悟の詳細記録を書いています
自分がわかればいいヤという記述で記録しテクノで
このエントリーは放置プレイ推奨となっております。

…プルダウン式に出来たらいいのにね~雨風呂不便だなぁ

さて気を取り直して襟付け
でもそんなに画像が無い件について;

身頃と外襟を中表にして10mmで接いで襟高でアイロンがけ後
縫い代を5mmに切り落とす。

襟と身頃の裏処理はシャツの持ち出し処理とほぼ同じで
持ち出しを端ミシンで叩いて襟のとこまで来たら襟に乗り上げます。
上図のちょうど真ん中あたりですね。後は襟高のまま叩いて行きます。
そのとき縫い目を接ぎに落としてもいいのですが(その方が上品な仕上がり)
敢えてオフィシャルに準じる形で。縫い目もデザインの一部であります。
あ、縫いやすいように襟が付く所からは身頃の縫い代に切込みを入れて立たせるノを忘れずに。
むう…写真が無いと全然ワからないよな;

裏から見た図
今回は芯地が厚く外に響きそうだったので内襟をロック掛けして流しました。
芯が響かない程度の場合は縫い代を折りこみます。
内襟は外襟を縫うときに一緒に縫われますので実質一本の縫いで全てが決まります。
一目も落とさず歪まず切らさず巻き込まず縫えるようにしっかりピン打ちしましょう。
芯地も合わせて8枚も重なってる部分を縫うので針が折れないよう無理させないこと。

後はもう楽です。
袖から脇を通り裾まで中表で縫い、縫い代を割る。
ひっくり返して袖口と裾の縫い代を内側に折り叩きます。
このとき着る人のサイズに合わせて縫い代をかえてます。
袖短くしたり、ウエスト絞ったり、着丈あわせたりなどですね。

縫いはそれで終了なので仕上げアイロンかけて
余計な糸を切り、検針をしコロコロでほこりを取り
胸にスクラッチマークを入れて完成です。
透明のビニールカバーに入れれば
まるでお店で売っているかのよう☆
まぁ売り物ですしね。見栄え良くするのもお仕事です


ズボンも作ってますが省略。
最低限穿けるだけの作りしかしてないんで面白くないかと。
コンシールファスナのつけ方…くらいかなぁ
ズボンは製図が難しい…

大体こんな感じで終了です。お疲れ様でした。
さて、今期のジャケット制作ぼちぼちしますか~♪
スポンサーサイト

△page top

« 0427西武園コスイベント
ワッショイ☆青ジャケ祭り その五 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://totis.blog36.fc2.com/tb.php/21-a6f2fc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。