ソラウサ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

解体獣書 

インターネット講義

内容は鉢底ネット&紙粘土ベースのヘッド制作
スタンダードなウレタン式とちょっと違うテイストのヘッドです。

今回こちらで制作していきます鉢底ネット式のヘッドは
ライフマスクに盛って成形していくという
特殊メイク造形に近い作り方をしていますので
ウレタン方式や発泡スチロール方式のヘッドよりも
小型なものを作るのに適しています。


ぎりぎりまで小型に作れば人用の服やウィッグ・眼鏡などの小物を
違和感少なく身につけられるので
より人型に近い獣人をやりたいときにおすすめです。

反対に頭を大きく作り頭身を下げるタイプのキャラを作るときは
この作り方はおすすめできません。


着る方の体格やキャラの外見と相談して作り方を選択してください。←ここ大事
こういう方法もあるんだなと参考になれば何よりです。


予定カリキュラム兼目次

下準備.道具・人頭模型を用意
  ・主な道具と材料(随時更新)
  ・あると便利なヘッドマネキン
---------------------------------
1.スカルのベースを作る
  ・ざっくりシルエット作り
  ・型取り:一回目
  ・型を展開する
  ・型を展開する(2)
  ・鉢底ネットに面付け→カット
  ・鉢底ネット組み上げ
---------------------------------
2.スカルを作る
  ・全体のシルエット形成
  ・目を作る
  ・鼻を作る
  ・牙と舌を作る
  ・おまけ1、左右均等のススメ
  ・おまけ2、口パクのススメ
   →下顎の開閉の構造kwsk
   →アゴの連結
---------------------------------
3.ヘッドに仕立てていく
  ・型取り:二回目
  ・型を展開してファーに面付け→カット
  ・耳を作る
  ・ファー組み上げ→貼り付け
---------------------------------
4.仕上げ
  ・縁取り
  ・トリミング
  ・その他細かい仕上げ

スポンサーサイト

△page top

« 解体獣書-下準備-
週末はおじさまでテイルズキッチン »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

あれが、人気過ぎて立ち見ですら見ることが難しいという戸上先生の講義・・・

顎ギミック辺りを重点的に補習して欲しいです先生!w

URL | ぴぃたん #-

2009/06/23 12:59 * 編集 *

カッコ可愛いと評判の戸上先生の講義・・・是が非でも受けなくては!
何という嬉しいカリキュラムwww楽しみです

URL | 獣夜 #-

2009/06/23 14:39 * 編集 *

お返事

ぴいたん>
いやいや立ち見すらできないのはマヒロさんの授業でしょうw
自分はただの一教師ですからw
顎ギミックあたりは本当に解体新書的な内容になると思われるので
実践と理論両方重点的にやってこうと思ってます。
分かりやすく伝えられたらいいと思ってるのですがどうなることやらw

獣夜さん>
ちまっこい先生ですが根性で頑張りますw
カリキュラムは制作工程そのものなので
どういう順番だったけなーと思い出しながらウンウン考えました。
参考になるところがあれば幸いです^^

URL | ナナオ(M) #ZSz8xKwo

2009/06/23 15:15 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://totis.blog36.fc2.com/tb.php/232-206f28a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。