ソラウサ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

解体獣書-ざっくりシルエット作り- 

えっとでは改めましてネット講義、解体獣書はじめたいと思います。
今回制作予定のケモノさんご紹介。
ドンレミの白い悪魔
ドンレミの白い悪魔の異名を持つ白狼でございます。


んでは制作開始。
最初にヘッドの元、スカルを作っていきます。ヘッドの基礎であり骨組みですね。
シェルとも呼ばれています。ヘッドの中身→頭蓋骨→スカルってな感じで
イメージしやすいのでおーこにゃんに倣って以下スカルで通していきます。

スカルは主に鉢底ネットと紙粘土とで出来ています。
片方だけだと形状を長く維持できないので合わせて使っています。
ちょと面倒なつくりですがそこそこの強度があり軽くてお安く出来ます。
まずは鉢底ネットでシルエット作り、の準備。
安くて薄いものが扱いやすい。
使用材料・道具はガムテープ×1・コピー紙×1袋・工作バサミ
用意していただいたマネキンヘッドに適当にくしゃっと丸めたコピー紙をガムテープで
好きなようにペタペタつけていきます。

マズル付けた。
これはひどいw…が最初の一つ目はこんなもんです。
取れてしまうと作業が進まないので粘着力の強いガムテープをご使用ください。
ダイ○ー製は粘着力が弱く量も少ないのでおすすめしない。
この後も結構使うのでホームセンターで大量購入がよさげ。

耳がかなり大きい。
どんどんべたべたつけていくとこんな感じになってきます。
イヌ科の造形で気をつけているのは頬をかなり多めにつけて縦長から横長の顔にする、
マズル(鼻)は顔に対して直角でなく若干下向きにつけることです。
正確には顔と直角に付けた長方形の上に二等辺三角形が乗るイメージ。
あとは写真やイラストを見ながらそれっぽくなるように足したり削ったりしてください。
半分しか盛ってないのは比較用です。

首こりそう。
あまりこの段階では細かく作りません。
おおよそこれくらいの大きさでシルエット、ぐらいまで作ればOKです。
コピー紙で作るのが難しい人は別の紙でも紙粘土でもそれ以外でも何でもいいです。
最終的にシルエットが出来ればいいので自分の使いやすい材料を使ってください。

目次に戻る↑
スポンサーサイト

△page top

« 解体獣書-型取り一回目-
解体獣書-下準備- »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://totis.blog36.fc2.com/tb.php/236-810e2d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。