ソラウサ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

解体獣書-型取り一回目- 

解体獣書2時間目、早速内容に進みましょう。

ざっくりシルエットが出来上がったらこのシルエットの型を取ります。
必要材料&道具はビニール袋×1・ガムテープ×1・油性ペン×1・工作バサミ×1

スカルの元がすっぽり入る大きさのビニール袋を用意してスカルの元にかぶせます。
白狼「窒息する;」
首の後ろ辺りで緩まないようしっかり結びます。

鼻は長め。
袋とスカルの元に隙間が出来ないようにガムテープを貼っていきます。
ココで隙間が出来てしまうと正確な型が取れません。しっかりピッチリ貼りましょう。
しかし力を込めすぎるとシルエットがゆがむので注意してください。
マズル周りの細かい部分の型を精密に取りたい方は
ガムテープを縦に裂いて細くしたものを使ってください。
拡大するとどんな風に貼ってるか見えるかもしれない。
咥えているのは油性ペン。
貼っていない部分があるとそこから裂けてくるのでしっかり埋めてください。
全体に貼り終わったら前の首の付け根から
後ろの首の付け根までつなぐ中心線を書いてください。
そしたらその線をハサミで切っていきます。
これでシルエットの型が取れます。
型は基本半面あれば反転させて使えるので半分あれば十分です。
きれいに形が作れたほうを使っていきます。

今日はココまでー

目次に戻る↑
スポンサーサイト

△page top

« 解体獣書-型の展開-
解体獣書-ざっくりシルエット作り- »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://totis.blog36.fc2.com/tb.php/237-5f50ce7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。