ソラウサ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

解体獣書-口パクのススメ- 

今回の解体獣書は口パクのススメ、顎の開閉ギミックについてでやんす。

最初にギミックを入れることはヘッドを作る上で必ず必要な事項ではありません。
パーツを分けてギミックを入れることによって手間や時間がかかりますし
作り方によってはヘッドの造形や耐久に無理が生じることもあります。
手馴れておらず顔面崩壊を心配される方は回避されるのもひとつの手です。

しかし、ギミックがあることによって表情に変化を持たせることが出来るので
より生き生きとした表情をつけたいという方は挑戦するのもアリだと思います。



口開閉ギミックをつけるとこんな感じになります。
すまない、今upできる動画がコレしかなかったんだ…
06年忘年会のムービーみて悶えてます。懐かしい…くそっ出来ることならupしてぇ

ギミックをつけてみたいと思った方は下へどうぞ。



グリ中などに口をパクパクさせると一般の方や
レイヤーさんにどうやって動かしてるの!?と
驚かれますが構造はいたって簡単で
ヒトの顎の動きを連動させています。
ago4.jpg
構造モデルはこんな感じ。
上あごと下あごをつなぐ軸を中のヒトの耳の後ろあたり(もっと後ろでもいいです)
に持ってきて軸を回転させて開閉させています。

普段ヘッドの口を閉めておくため顎同士をゴムで繋いでいます。

ヒトの顎をヘッドの下あごに乗せているので
口を開けるとゴムが伸びヘッドの口が開きます。
口を閉じるとゴムが縮みヘッドの口も閉じます。

以上です。とても単純ですね。
これ以上複雑な説明が無いので終わりなんですが
もうちょっと詳しくって人は続きを明日20時に投稿するのでそちらを読んで下さい。
予約投稿って便利ですね。

んではまた明日~

目次に戻る↑
スポンサーサイト

△page top

« 解体獣書-下顎の開閉の構造kwsk-
解体獣書-型を展開してファーに面付け→カット- »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

おお!とうとう口のギミックの秘密が世界に公開されてしまうのですね!
物凄く楽しみにしております(・∀・)ノシ

URL | 米織 綸子 #-

2009/07/28 19:07 * 編集 *

元祖七尾スマイルですなーw
アマ公・・・もう一度じっくりと顔を見たかった(苦笑

ギミックもシンプルに考えると簡単ですが、
顎をどこに乗せるかーとか、ゴムの強さはーとか、微妙に細かいところ
ちゃんとやらないと、うちのピンクみたいな顔面拘束具が出来上がるんですよね・・・w




忘年会・・・気になるッ!!

URL | ぴぃたん #-

2009/07/29 02:03 * 編集 *

お返事

米ちゃん>

いやいやいやいやっ!内容は今回書いたものと変わりませんからッ
構築っていっても理論崩壊してますし
そういう考え方で作ってるのかーみたいな風に見てもらえると助かりますw

ぴいたん>

いやいや、ナナオは笑ってません。ヘタなもん出せないと引き攣っておりますw
なんでナナオ式スマイルでよろですw
そういわれてみればこの頃から表情の作り方は基本変わってないですね。
そう思うとなんだか感慨深いものです。
そうそう、当てる角度とか長さとか強さとかの微調整が大変なんですよね。
うちの作り方だとそういう本人によるカスタマイズが必要なんで
汎用物が作れず販売は難しいところなんですよね。コレばっかりはしょうがないかなぁ。

ふふふ…忘年会は見せられないよw

URL | ナナオ #ZSz8xKwo

2009/07/29 15:14 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://totis.blog36.fc2.com/tb.php/260-f9e9c925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。